So-net無料ブログ作成
検索選択

愛菜学 [本関連]

今日(12/15)、「愛菜学」講談社¥1400(税別)が発売されていたので購入して読んだ。

--------------------------------
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2166178
「新しいカタチの子育て応援本。
大ヒットドラマ「Mother」で人気爆発!! 愛菜ちゃんの魅力満載!!
子供たちの心が詰まった宝の箱を覗いてみませんか?

泣いて、泣いて、ときどき笑って、また、泣いて……
それでも明るい未来に向かって、親子で一緒に歩んでいこう。」
--------------------------------

内容は、芦田愛菜ちゃんのエピソードもあるがメインは所属する「ジョビィキッズ」が子供たちと接してきてのエピソードと考えなどを語っている。

まぁ、「mother」にはまってなければ買わないw

愛菜ちゃんは3歳の時にプロダクションのオーディションを受けてレッスンに参加するようになったそうで、母親がその友達に誘われて一緒に受けたという。
そして仕事のオーディションに受けるようになっても半年は全然受からなかったと。
現在は天才子役と言ってもいいほど引き付ける演技をする彼女もレッスンによって実力が付いて来たんだろう、やっぱ演技が好きだからここまで来たんだろうね。

「mother」のオーディションでは身長制限と年齢制限に引っ掛かっていてダメ元で送った書類選考で落ちたが、プロダクションが会ってみてくれと頼み込んで採用までいったらしい。
実際、身体的に成長が遅れている子供の役なので、設定には合っていたからというのもあるだろうが、その演技力が買われたのは確かなようで。
しかし、5歳ということで撮影に耐えられるか心配で採用するかどうかはかなり迷ったそう。
でもスタッフの支えもあって見事やり遂げた……、すげえ。

以前、ズームインでオーディションの時の映像が流れて、「いっぱい練習したの?」と聞かれて「3回!」と答えて「3回!? 天才だね~w」て言われていたw
たしかオーディションは300人ぐらい受けたそう。

これからも楽しく演技していって欲しいなと。


まぁこの本自体は、内容と値段を考えたところ、ちょっとお高いかなw

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。