So-net無料ブログ作成
検索選択

朝まで生テレビ! 2012 in大阪 [TV]

朝まで生テレビ! 2012 in大阪

司会: 田原 総一朗

パネリスト:
橋下徹(大阪市長、「大阪維新の会」代表、前大阪府知事)

中立(を装う?)
東浩紀(批評家、早稲田大学教授)

反橋下
香山リカ(精神科医、立教大学教授、「橋下主義を許すな!」共著者)
山下芳生(日本共産党・参議院議員)
柳本顕(自民党・大阪市会議員)
薬師院仁志(帝塚山学院大学教授、大阪市民、「橋下主義を許すな!」共著者)
池田知隆(元大阪市教育委員長、ジャーナリスト、「どうなる!大阪の教育」編集・著者)
吉富有治(ジャーナリスト、「橋下徹 改革者か壊し屋か」著者


録画していたこの番組を見た。

反橋下達のくだらない批判に対して、ちゃんと聞いてから理路整然に判り易く回答する橋下が普通に良かった。
相手の質問にアンチョコ見ずに数字を出して回答するなど、記憶力も良く、さすが法学部出身じゃなく弁護士になっただけのことはある。

反橋下達は、「揚げ足取り」に終始し「不安だ」とか言って責めるばかりで、実際の問題に対して対案も無く討論として成り立っていなかった。

はっきり言って反橋下達は「お前が嫌いだ」と言っているにすぎない。


香山リカ:政治的な観点は全く無し。「不安だ」とか抽象的なことばかりで責めたり、白か黒かを決めるなみたいな意味不明なことばかり言っていた。最後は橋下に核兵器容認のレッテル?を貼ろうとして必死になっていた。ただのメンヘラ左翼って印象。

山下芳生:共産党員はたぶん勉強してはいるが頭が固く自分と違う考えの人の論理が全く理解できないようだ。対案も無く揚げ足取りするしか出来ない人。

柳本顕:そこそこしゃべっていたが印象に無い。こいつも対案はなし、改革が必要である自民党を辞めろ。

薬師院仁志:今回トップの低能。ただただ揚げ足取りに終始していた。選挙時のチラシの「大阪市をバラバラに…」かなんかを持ち出して必死に噛み付いていたが、橋下のそれまでの言動をテレビなどでチェックしていたら、どういう意味で言っているかただの市民でも理解できた人はかなり多くいただろう。対案など全く無しで単に橋下が嫌いなだけにしか見えない。こんなのが教授? こいつがしゃべっているときときたま橋下があきれ笑いしていたw

池田知隆:職務命令を無視していいと思っているイタイやつ。こいつを見れば教育委員会はクズだと思えるだろう。

吉富有治:質問ばかりしていた印象。討論していなくほぼ空気。


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 7

コメント 2

hachikin45

toramanさん、xml_xslさん、タケルさん、般若坊さん、HAtAさん、siroyagi2さん>nice! ありがとうございます。
by hachikin45 (2012-01-30 00:36) 

hachikin45

uryyyyyyさん>nice! ありがとうございます。
by hachikin45 (2012-02-03 00:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。