So-net無料ブログ作成
検索選択

「キングコング」梶原雄太 会見で生活保護受給の裏に“親族の金銭トラブル”があったことを明かす [ニュース]

30日、都内で会見したキングコング梶原雄太(31)は、母親が生活保護を受給することになった背景に「親族のトラブル」があったことを明かした。

2002年に35年ローンで母親のために購入したマンションを、4年前に短期ローンに変更。
しかしその後
「親族のことでトラブルがあって、購入したマンションを担保に(親族が)お金を借りている状況だった。なのでマンションを売って生活費に充てたりすることができなかった」
と釈明した。
また、25日の次長課長・河本準一(37)の会見を受けて
「河本さんの件については何も知らないが、どういった形であれ、コメントするときが来る」
と公表を覚悟していたという。
母親は梶原の祖母の介護をしながらパート勤務をしていたが、勤め先が倒産。その後母親も自宅で転び足を骨折したため仕事を始めるのが難しくなり、生活保護を受給することになった。
梶原は母親の知人から生活保護をすすめられたといい、自身が実際に福祉事務所に出向いたり、電話で相談したことはなく
「用紙が送られてきて名前とハンコを押して送った。あとは母親がすべて(書類を)提出している」
という。
受給を打ち切ったのは28日。
打ち切りについては母親から打診があり、
「母親は『お金をいただくのは心苦しい。申し訳ない。打ち切らせてほしい』と言っていた」
と、母の心情を明かした。
最後に梶原は、
「芸人なので、これからは笑顔を与えられるように頑張ります」
と頭を下げた。
マンションのローンが完済する8月までは吉本興業が援助するという。

▼テレ朝news [05/30 20:20]
http://news.tv-asahi.co.jp/ann/geinou/geinou_news/contents/hot_20120530_290.html
--------------------------------------

マンションに住んでいて、生活保護とか。


生活保護者居住施設を建てて、外を出歩ける奴はそこに住まなければ生活保護は受給できないようにしろよ。
入るときに全財産没収とし、全て現物支給にし、労働の義務を課せよ。

まじめに働いている人から集めた税金から、無駄金使ってんじゃねー。

2012053020120404174652_16_1.jpg

2012053020120404174652_16_2.jpg


nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 6

コメント 1

hachikin45

mamiiさん、(。・_・。)2kさん、般若坊さん、xml_xslさん、Lobyさん、uryyyyyyさん>nice! ありがとうございます。
by hachikin45 (2012-05-31 23:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。