So-net無料ブログ作成
検索選択

「年収715万円の公務員でも、生活は楽じゃない」…"職員30人の親族が生活保護"の東大阪市役所 [ニュース]

・大阪府東大阪市の職員約30人の親族が生活保護を受給していたことが発覚し、問題は全国の他の自治体にも波及する恐れが出てきた。
 一概には言えないが、生きていけないという家族を誰が助けるべきなのか。
 お笑い芸人や公務員にとどまらず、受給者の親族に根本的な問いが突きつけられている。

 東大阪市によると、昨年4月現在、一般行政職員(平均42・8歳)の手当を除いた平均給料は約33万円。
大卒の採用10年では約27万円、同20年で約34万円。
これに時間外などの手当を含めると、10万円前後増えるという。
(世間の平均よりかなり多くもらっとるがな。)

 この収入で困窮する親族を扶養することは難しいのか。
市の関係者は一般論としたうえで、
住宅ローンを抱え、子供が高校や大学に進学する時期だと生活は楽ではない」
と指摘。
(安い借家に住め。奨学金貰え。楽かどうかで無く、死ぬかどうかじゃねえ?)
 実際、市の生活保護担当者は
「改めて個々の事情を調査しなければ、必ず扶養できるとは言い難い」
と話す。
(いやいや公務員は金銭的には扶養出来る。贅沢したいだけ。)

 親族が公務員といってもさまざまなケースがある。
大阪市浪速区で生活保護を受給している男性(32)は
「両親は大阪府南部で公務員をしている」
と打ち明けた。
「30歳を過ぎた子供の支援はしない」
と言われ、ほぼ絶縁状態になっているからだ。
(そこで威張って対立するからだろ。負けを認めて実家に帰れ。)
 大手自動車メーカーの工場で派遣社員として働いていた男性は平成21年秋、
「大阪市内で仕事を見つけたい」
と実家を飛び出した。
(計画性皆無か?)
だが、仕事は見つからず、わずかな蓄えも底をつき、半年後には野宿生活を送るようになったという。
(クダラナイプライド守らずに実家に帰れ。)
 22年8月、完全に所持金が尽きた男性は生活保護を申請し、認められた。
福祉事務所からは親が公務員であることは特に問われず、毎月12万5千円を受給しているという。
(ちゃんと調べろよ。)
 男性は
「昨年、ホームヘルパー2級の資格を取り、求人があれば応募しているが、なかなか採用してくれない」
と話している。(抜粋)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120625-00000508-san-soci

・職員一人当たりに一年間に支払われた平均給与は約715万円だが、職員らは、親族が生活保護を申請した際、「扶養することはできない」と回答したという。(抜粋)
 http://news24.jp/nnn/news89038683.html
----------------------------------

保護しなければ死んでしまう奴だけにしろよ。
保護施設のようなものを作って全ての資産を処分した者だけ保護するようにすれば、職業訓練や就職活動やただ飯分の労働をさせることができて、不正な受給はほとんど無くなるだろ。
緊急の保護もやりやすいでしょ?

死ぬかどうかの瀬戸際で、プライドばかり気にする奴はどうでもいいだろ。


nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 4

コメント 1

hachikin45

xml_xslさん、般若坊さん、siroyagi2さん、uryyyyyyさん>nice! ありがとうございます。
by hachikin45 (2012-06-28 23:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。