So-net無料ブログ作成
検索選択

日本が侵略の罪を認めない理由は?征服の業績を否定すると誇れる伝統がなくなるから。弱者に頭を下げるのが嫌だから [特定アジア(南北朝鮮+中国)]

∞日本が侵略の罪を認めるのが難しい理由

 第二次世界大戦から早半世紀余りが過ぎた。
人類史上最大規模かつ最も悲惨で、善悪がはっきりした戦争だった。
しかし日本人はなぜ今でも歴史の事実を率直に受け入れようとしないのか?
(日本ほど客観的に歴史を研究できる国は東アジアに無いw)
しかも善悪を逆さまにし、歴史を否定しようとする強大な勢力が常に存在するのか?
(善悪を逆さまにするのは特定アジアですけどw)

 ◇対外征服の「業績」を否定しない

 世界文明からすれば、日本は後発者だ。
(こいつの文明の定義は世界と違うらしいw)
明治維新後、日本は全力で西洋に学び、国力を飛躍的に前進させた。
しかし日本が本当に学んだのは主にその器と実用面だった。
(思想や文化は発展していたからねw)
思想、文化、精神面も日本は幅広く導入したが、自由民主思想はずっと「外来」もので、日本文化に溶け込むことはなかった。
(中国人が自由民主思想について語るとか笑えるw)

 19世紀末から20世紀初めにかけ、日本の国力は徐々に強まるが、政治的には開明派が軍国主義派に圧倒されていき、日本の世界における「業績」が侵略拡大と結びついた。
(軍人が思いあがっていたのは事実だが、戦争は基本的に国防が基本で始まっているんだよ、歴史を見ろw))
日露戦争、日中戦争に日本は勝利し、第一次世界大戦でも日本は戦勝国側で甘い汁を吸った。
日本の長い伝統を誇る武士道の精神は日本人の栄光と恥辱を戦争の勝敗と関連づけた。
(武士道の精神はお前らには理解できないだろw)

 戦後の日本が軍備放棄を余儀なくされ、経済的に目覚しい成果を挙げたことは認めざるを得ない。
(事実だからな。)
新しい情勢下にあって日本は武力によって国際的地位を勝ちとる必要はなかったが、対中侵略戦争を完全に否定すれば、19世紀末以降の対外征服の「業績」を否定するになる。
(泥沼の戦争に引き込まれてしまっただけですけどw)
そうなれば日本人が世界に誇れる伝統は何が残るのか?
(戦争が伝統では無いですけどw)
日本人はその点に自信がない。
(伝統を積極的に誇るような気持ちは日本人には無いですけどw)
だから過去の罪を完全に否定したくないのだ。
(お前の気持ちを勝手に投影するなよw)

 ◇国際社会が日本を容認

 戦後半世紀、西側を中心とする国際世論はドイツ、日本の侵略の歴史に対してまったく異なる態度をとってきた。

 筆者が自ら体験したことだが、ある国際シンポジウムで、私は南京大虐殺とユダヤ人大虐殺を例に挙げた。
あるフランスの学者は会議後、私のところへ来て、その2つを一様に論じるべきではないと話した。
彼は、ドイツのユダヤ人に対する行為は種族絶滅、日本の中国に対する行為は植民地戦争にあたり、後者はある意味中国の工業化の助けになっている。
(南京事件自体が嘘と誇張にまみれているし、南京占領後平和的に統治されているしw)
例えば、日本が「満州」を占領したことで東北は中国の重工業基地となったと指摘した。
(事実だし満州は満州族が納めて問題無いしw)
これは典型的な西側中心主義と植民地主義の観点といえる。
(いやただの事実だからw)

 ドイツの侵略対象は旧ソ連を含む先進国で、戦後の回復が速かったため、世界的世論の地位を占め、その実力と勢いがファッショの残余勢力を脅かした。
(いや歴史研究を事実をもとにするか妄想をもとにするかの違いw)
日本が直接侵略した対象はアジアの発展途上国や西洋の植民地で、戦後の状況が複雑で自国のことで手一杯だった。
(中国以外は植民地の宗主国を攻めたんだよw)
一方、日本は米国の支援の下、20年足らずで先進国の仲間入りを果たした。
(米国の支援がどんなものか言ってみろw)
日本人は実力を尊ぶため、自国より弱い国に頭を下げて自ら罪を認めることができないのだ。
(ばーか、謝罪する必要のない国にも謝罪してるだろw)
(作者:中国社会科学院国際政治専門家 資中?氏※)

 中国網日本語版(チャイナネット) 2011年12月1日
 
 
ソース:人民網日本語版 08:41 Dec 02 2011
http://j.people.com.cn/94474/7663341.html
---------------------------------

中国は戦後周辺国に戦争を仕掛けまくっているし、勝ったとこは植民地にしている。
今も周辺国を侵略しようとしている覇権国家だろうがw

歴史上民族抹殺や大量殺人ばかりの中国が何を寝言を言っているんだw


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。