So-net無料ブログ作成

中川文科相「脱北者を保護し支援する。韓国の脱北者支援施設のようなものを日本もつくらなければ」 ~関東地域脱北者交流会 [ニュース]

■支援へ意欲表明

脱北者支援民団センター(呂健二代表、民団中央本部副議長)は関東地域の脱北者に呼びかけ11日、都内で交流会を持った。
支援団体関係者やボランティアも含め70人余りが参加。
来賓として民主党の中川正春衆院議員(文部科学相)や自民党の平沢勝栄衆院議員、民主党の白真勲参院議員が激励の言葉を述べた。

中川議員はあいさつで、
「韓国統一部が所管する脱北者支援施設『ハナ院』のようなものを日本でもつくらなければならない。脱北者を保護し、支援する義務を定めた北朝鮮人権救済法はつくったが、中身はまだできていない。できた法律を実現していくのが政治家としての義務」
と強調した。
この後、北朝鮮難民救援基金の加藤博理事長の案内で参加者の間を回り、
「生活、大変ですか」
などと聞いて回った。

今年の交流会は東日本大震災の影響により約1年ぶりの開催となった。
北韓に家族を残して脱北してきた男性(36)は、
「こういう場がないとなかなかみんなに会えない。民団が交流会を企画してくれたことにはとても感謝している」
と語った。

参加者はカラオケのマイクを手に「涙に濡れた豆満江」「他郷暮らし」などを歌いながら、北に残した家族を偲んでいた。
支援センターでは抽選でコチュジャンなどの調味料や洗剤などの生活必需品を、お土産として全員に配った。

■関西でも交流会

11月27日には関西地域でも同様の交流会が開かれ、30人が参加した。

写真:
http://www.mindan.org/upload/4ef166e98ff7c.jpg

(2011.12.21 民団新聞)
http://www.mindan.org/shinbun/news_view.php?page=18&category=2&newsid=15309
-----------------------------------

何の役にも立たない朝鮮人を日本に増やすな(怒
なんの感謝もせずに図に乗ってゴネ出すに決まっているだろ。

韓国へ送れよ、アフォか?
氏ネバいいのに。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。