So-net無料ブログ作成

「救う会兵庫」、兵庫県と神戸市に住民監査請求「朝鮮学校補助金と兵庫ひまわり信組の税金減免措置は不適切」 [ニュース]

∞救う会兵庫 県と神戸市に住民監査請求 

 北朝鮮による拉致被害者を支援する「救う会兵庫」(神戸市)は1日、
「在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)と関係が深い施設に対する公金の使い方として適切でない」
として、兵庫県と神戸市に朝鮮学校への補助金支給などの決定を取り消すよう、それぞれの監査委員に住民監査を請求した。
同会は
「補助や減免が妥当かどうか、県と神戸市に考えてもらう機会にしたい」
としている。

 救う会兵庫によると、取り消しを求めたのは、
県が県内の朝鮮学校7校に支給した2011年度の補助金
▽兵庫ひまわり信用組合(神戸市長田区)の建物と土地に対する11年度の神戸市の
固定資産税、都市計画税の減免
▽市内の朝鮮学校3校に同市が支給した11年度の補助金。

 朝鮮学校に対する県の補助金は09年度、約1億9千万円で、同会は
「全国の自治体の中でも兵庫が突出している」
と指摘。
また、兵庫ひまわり信組については
「旧朝銀(朝銀近畿信用組合)の流れをくみ、朝鮮総連と関連が深い」
としている。

(宮本万里子)


ソース:神戸新聞 2012/02/01 15:30
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0004784373.shtml
--------------------------------------

兵庫県のこっち方面の行政は腐っているからなぁ。
ただの信用組合に減免とか。
朝鮮人の脅しやたかりに負けずになんとか頑張れよ。

しかし知事がクソだからなぁ…
維新の会から知事に立候補してくれて改革してくれないかな。


nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。