So-net無料ブログ作成

菅前首相「現地視察で皆さんの考え方や見方を知り、顔と名前が一致したことは極めて大きなことだった」 [ニュース]

 福島第一原発の事故を検証する国会の事故調査委員会で、当時の政府のトップ=菅前総理が証言し、自ら現地を視察したことについて、
「現場の皆さんの考えを知る上で大きなこと」
と正当化しました。
(必死で対応している現場へ行って邪魔してんじゃねーよ。)

 「この事故が発生したときの国の責任者でありました私として、この事故を止められなかったことについて、改めて心からおわび申し上げたいと思います」(菅直人 前首相)
(責任転嫁ばかりのくせに……、切腹しろ。)

 冒頭、事故当時の政府の最高責任者として陳謝した菅前総理。
国会の事故調査委員会で、当時、経済産業大臣だった海江田氏、官房長官だった枝野氏に続く官邸中枢からの参考人聴取に注目が集まりました。
焦点の1つは、福島第一原発の全電源が喪失してから、政府が「原子力緊急事態宣言」を発令するまでに3時間余りかかった点です。

 「総理の理解を得るのに時間がかかった」(当時 経産相 海江田万里氏、17日)

 海江田氏はこう証言しましたが、菅氏は野党との党首会談を行っていたことが遅れた理由としつつ、反論しました。
(はぁ? 理解を得るのにって言われているのに、会談していたから? お前は日本国のトップとしての優先順位が判ってないだろ?)

 「それによって何か支障があったかと問われれば、私の知るかぎりは特に支障はなかった。何か私が理由があって引き延ばしたとか、押しとどめたという気持ちは全くありません」(菅直人 前首相)
(はぁ? 自分が責任者として行動するためにすぐに必要だろ。支障がなかった? 緊急事態ってどういうことかも判らないんじゃねえの?)

 また、事故発生の翌日早朝に菅氏は現地を視察。
総理自ら視察することについて、菅氏の最も身近にいた枝野氏は反対したといいます。

 「政治的批判は免れませんと。そういう観点からはお勧めできませんという趣旨のことは、総理には進言いたしました」(当時 官房長官 枝野幸男 経産相、27日)

 しかし、菅氏は、現地を視察したことでメリットがあったと強調しました。

 「現場の皆さんの考え方、見方を知るうえでは極めて大きなこと。顔と名前が一致したことは極めて大きなことだった」(菅直人 前首相)
(顔と名前が一致しなければ指示できないのか? お前は日本国という巨大組織のトップの器は全くない。お前の言っているメリットで何が変わったか言ってみろ。延命パフォーマンスだろうが。)

 さらに、東京電力幹部が一時、福島第一原発の現地からの「撤退」を申し出たという問題について菅氏は・・・。

 「私自身は、場合によって命をかけてやらざるを得ない。“撤退”という言葉を聞いて、
とんでもないことだと」(菅直人 前首相)
(はぁ? 作業員たちは、「お国を守るために働いてくる」と家族に告げて、決死の覚悟で作業してただろ、クズが寝言言ってんじゃねーよ。)

 そして去年3月15日、菅氏は東電の幹部に、次のように撤退しないように迫ったといいます。

 「私の方から清水社長に対して、『撤退はありませんよ』と申し上げた。それに対して清水社長は、『はい、分かりました』と」(菅直人 前首相)

 また、菅氏が東電の本店に乗り込んだ際に、東電幹部らを激しく叱責したということも否定しました。

 「叱責というようなつもりは全くありません。『本当に、これは命をかけても頑張ってもらいたい』と強くは言った。現場から撤退しても、放射能はどんどん広がっていくわけですから。現場にいる皆さんを私が叱責するという気持ちは全くありません」(菅直人 前首相)
(息を吐くように嘘を吐くなぁ、まるで朝鮮人。)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120528/plc12052821590028-n1.htm

 国会の事故調査委員会では、これまでに聴取した内容を基に6月中に報告書をまとめる予定です。

-おわり-

▽TBS News i
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5040546.html
------------------------------------

徹底して責任転嫁、イラ菅の無責任さは異常。

「事実と違う」「なぜ嘘つく」 東電からも不満の声
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120528/plc12052821590028-n1.htm

「言い訳ばかり…」 被災者は怒り心頭
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120528/plc12052821530026-n1.htm


nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。