So-net無料ブログ作成

「『筑豊』から日本人と在日韓国人・朝鮮人の歴史を訪ねる会」、炭鉱跡などバスで巡り強制連行の苦難学ぶ [特定アジア(南北朝鮮+中国)]

∞炭鉱跡などバスで巡り強制連行の苦難学ぶ

 在日朝鮮人の歴史などを研究する筑豊地区の住民グループ「強制連行を考える会」(大野節子代表)は3日、炭鉱跡などをバスで巡る
「『筑豊』から日本人と在日韓国人・朝鮮人の歴史を訪ねる会」
を開いた。
(今時強制連行?w)
約20人が参加し、史跡をたどりながら強制連行での苦難や平和の大切さを学んだ。
(力が自慢なだけの朝鮮人じゃ肉体労働しか仕事ないだろ。仕事はそれなりの苦難ぐらいあるわw)

 今年で29回目。飯塚市の日鉄二瀬鉱業跡地や、朝鮮半島出身者の無縁仏が眠る「無窮花(ムグンファ)堂」など計9カ所を訪問した。

 このうち同市小正の了専寺では細川義朋住職(47)が講話。
寺で炭鉱事故で亡くなった朝鮮人労働者の葬儀を行っていたことなどを説明し、
「歴史から目をそらさず、若い世代にも伝えなければならない」
と強調した。
(事故で亡くなった朝鮮人を弔うまじめな当時の日本人w しかし現代ではそれも反日に利用されて……。)

 参加した飯塚市伊川の瓜生秀一さん(78)は
「とても勉強になった。歴史を過去のものにせず、現在の問題として受け止めたい」
と話した。
(現代の問題??? はぁ?意味不明ですねw)

=2012/06/04付 西日本新聞朝刊=


ソース:西日本新聞 2012年6月4日 00:48
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/305868
--------------------------------------

日本には、反日日本人が多すぎますねぇ。
朝鮮人の嘘と誇張を見抜けるようにならないと。


1939年 国民徴用令、日本本土と台湾に施行、朝鮮半島は除外。
    朝鮮では企業が自由に「募集」することを許可した。
1942年 朝鮮総督府が就職先を斡旋する「官斡旋」が始まった。
    徴用と違って就職先を辞めても罰則なし。
1944年 9月より朝鮮半島でも「国民徴用令」を適用。
1945年 8月に終戦。(朝鮮半島での罰則のある「徴用」は11ヶ月間)
    (日本本土への朝鮮人徴用労務者の派遣は1945年3月までの7ヵ月間)
※朝鮮人労務者は、給料をもらうと賭け事などにすぐ使ってしまったり、金が無くなるまで休んで遊びまわったりするので、無理やり貯金させるようにした悪辣な日本人w

戦時徴用は245人.jpg


nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。