So-net無料ブログ作成

"人身売買や売春、銃器事故などの凶悪犯罪も頻発" 「売春の巣窟」 米テキサスで韓国人マッサージ店の撤退運動 [特定アジア(南北朝鮮+中国)]

米テキサス州ヒューストン、ハリス郡が裁判所に、韓国人業者が営むマッサージ店の撤退を要求する請願を提出したことが分かった。
地元のヒューストン・クロニクル紙が13日に報じ、韓国の複数のメディアもこれを伝えた。

韓国メディアは、
「米テキサスで韓国人女性マッサージの退出運動、韓国の恥さらし」
「売春と人身売買の巣窟」
「売春婦は韓国出身」
などと題して、米国の自治体が特定の事業を対象として退出の申立てを出すのは異例なことであり、韓国の恥をさらしたと伝えた。
(この恥と言うのは、韓国人の見栄えの良くない文化を衆知のもとに晒してしまったということに対してですw)

ハリス郡は、マッサージ店の事業主が韓国から来た若い女性たちに事実上の売春をさせているとし、1年間の営業停止と永久不法行為の禁止命令を求めた。
(将来のいわゆる従軍慰安婦…、 謝罪と賠償をw)

この地域では先月初め、韓国人が営むマッサージ店で売春をしていた韓国人女性従業員たちが大量に検挙された。
(男は強姦、女は売春w)
以後も取り締まりを継続していたが、売春など退廃的な行為が後を絶たなかったため、今回の措置に踏み切ったとみられる。
(犯罪を輸出する韓国。朝鮮人の文化だから仕方ないのでとっとと本国へ送り返すべきだよねw)

また、問題のマッサージ店や韓国人所有のスパ3カ所とナイトクラブなどがあるショッピングモールは、2009年以降、司法当局の調査を57回も受け、人身売買や売春、銃器事故などの凶悪犯罪も頻発していたことも明らかになっている。
(どこに行っても迷惑な朝鮮人どもw)
(編集担当:李信恵・山口幸治)

サーチナ 【社会ニュース】 2012/06/14(木) 10:49
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0614&f=national_0614_025.shtml
--------------------------------------

朝鮮かるた_か.jpg

2chよりコピペ↓

【バージニア工科大学銃乱射事件】
アメリカ合衆国バージニア州ブラックスバーグのバージニア工科大学で2007年4月16日月曜日に発生した銃乱射事件。
33名(教員5名、容疑者1名を含む学生28名)が死亡し、それまでアメリカの学校での銃乱射事件で史上最悪の
犠牲者を出した1999年のコロンバイン高校銃乱射事件(15名(教師1名、容疑者2名含む)死亡)を上回り、
史上最悪の犠牲者数となった。
容疑者は同大4年に在籍していた当時23歳の在米韓国人で韓国籍の男子学生、チョ・スンヒ(趙承熙)であった。

【米アトランタ・サウナ銃乱射事件】
米国アトランタにある韓国人が経営するサウナで2012年02月21日(現地時間)、銃撃事件が発生して5人が死亡したと韓国メディアが報じた。
この報道によると、アトランタ北部のノークロス市警察は同日午後9時ごろ、韓国人Kさんが経営する「スジョンサウナ」で
銃器事故で5人の命が失われたと明かした。
警察は、事件現場で犯行に使われたとみられる銃1丁を発見した。死亡者は容疑者1人を含め全員韓国人であることが伝えられた。

【オイコス大学銃乱射事件】
アメリカ合衆国カリフォルニア州オークランドにあるオイコス大学で2012年4月2日に発生した銃乱射事件。
学生7名が犠牲となった。容疑者として韓国系アメリカ人コ・スナムが逮捕されている。


nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

【メモ】東日本大震災で国民見捨て放射能怖さに逃げた小沢一郎元代表!和子夫人が「離婚しました」と手紙 「隠し子」も綴る [ニュース]

★小沢一郎夫人が支援者に「離婚しました」
「愛人」「隠し子」も綴られた便箋11枚の衝撃

 民主党の小沢一郎元代表(70)の和子夫人(67)が、昨年11月に地元・岩手県の複数の支援者に、「離婚しました」という内容を綴った手紙を送っていたことがわかった。

 便箋11枚にも及ぶ長い手紙の中で、和子夫人は、昨年3月の東日本大震災後の小沢元代表の言動について触れ、
「このような未曾有の大災害にあって本来、政治家が真っ先に立ち上がらなければならない筈ですが、実は小沢は放射能が怖くて秘書と一緒に逃げだしました。岩手で長年お世話になった方々が一番苦しい時に見捨てて逃げだした小沢を見て、岩手や日本の為になる人間ではないとわかり離婚いたしました」
と書いている。

 手紙では、小沢元代表の愛人や隠し子の存在についても触れている。
8年前に隠し子の存在がわかったとき、小沢元代表は和子夫人に謝るどころか、
「いつでも離婚してやる」
と言い放ち、和子夫人は一時は自殺まで考えたとも記している。
 そして、このように綴っている。
「それでも離婚しなかったのは、小沢が政治家としていざという時には、郷里と日本の為に役立つかもしれないのに、私が水を差すようなことをしていいのかという思いがあり、私自身が我慢すればと、ずっと耐えてきました。
 ところが3月11日、大震災の後、小沢の行動を見て岩手、国の為になるどころか害になることがはっきりわかりました」
「国民の生命を守る筈の国会議員が国民を見捨てて放射能怖さに逃げるというのです。何十年もお世話になっている地元を見捨てて逃げるというのです」

 こうした大震災後の小沢元代表の言動がきっかけとなり、和子夫人は昨年7月に家を出て別居を始めたという。
その後も現在まで別居は続いているが、小沢事務所は「離婚の事実はない」としている。

 和子夫人はこうも綴っている。
「かつてない国難の中で放射能が怖いと逃げたあげく、お世話になった方々のご不幸を悼む気も、郷土の復興を手助けする気もなく自分の保身の為に国政を動かそうとするこんな男を国政に送る手伝いをしてきたことを深く恥じています」

 現在、消費税増税法案の採決をめぐって、小沢元代表は造反をちらつかせて野田政権を揺さぶっているが、和子夫人の手紙はそうした政治情勢にも大きな影響を与えそうだ。
(以上)


「週刊文春」編集部
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1442
http://shukan.bunshun.jp/mwimgs/d/f/-/img_dfd76daaf2a4593b96fd28e6b6701f5273010.jpg
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/publishing/
----------------------------------

小沢が逃げ出したってのは当時言われていたな。
まぁ、どう見ても責任感や、人に対する愛情は無いようにしか見えないよねw


nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。