So-net無料ブログ作成
検索選択

橋下市長、就任半年で45%の公約に道筋 改革を次々実行に移す政治手法が浮き彫りに [ニュース]

大阪市の橋下徹市長が19日で就任半年を迎えるのに合わせ、毎日新聞は市長選(昨年11月)で掲げたマニフェスト(公約)の進ちょく状況を調べた。
具体的な政策として掲げた計62項目のうち、予算案や条例案を議会で可決するなど「達成」したのは15項目(24%)
具体的な方向性が定まり、市で政策決定するなど「実現の見通し」が立ったのは13項目(21%)
両者を合わせると計28項目で全体の45%に道筋を付けた形だ。
大阪府知事時代と比べても進ちょくは速い。
スピード感を重視し、公約に沿って改革を次々実行に移す橋下市長の政治手法が浮き彫りになった。

 62項目は、市長選マニフェストの「各論」(政策編)から具体的な記述のあるものを抽出した。
市の担当部局に取材するなどして、毎日新聞が独自に達成度を判定した。
現時点で、検討に「未着手」は11項目(18%)。
検討を始めたものの、具体的な方向性が定まっていない「検討中」は23項目(37%)だった。

 市議会(定数86)では、市長が率いる大阪維新の会(33人)は過半数に達しておらず、公明(19人)との協力が政策実現の鍵になっている。

▽毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20120619k0000m010136000c.html
----------------------------------

大阪維新の会は過半数に達していないのに頑張っているな。
何しろ選挙の時は、ほとんどの既存政党が敵対したからなぁ。

しょせん市長に許された権限しかないので、市議会で可決できなければ何もできず、市民の後押しを受けて、無条件反対する既得権益を守る奴やクソサヨクを怯ませるしか仕事できないからねぇ。
大阪市民ではないが、とにかく頑張れ

レッテル貼りしかできない前市長はアカでも煎じて飲めよw


タグ:橋下市長
nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。