So-net無料ブログ作成
検索選択

日韓情報協定の署名、土壇場で延期…慰安婦問題や竹島問題でぎくしゃく、韓国側が世論の反発を考慮 [特定アジア(南北朝鮮+中国)]

 【ソウル時事】
韓国与党セヌリ党の鄭夢準・元党代表は2日、記者団に
「盧武鉉前政権時代、韓国政府が米国に『日本を共通の仮想敵国に規定しよう』と提案した」
と語った。
 鄭氏は「報道されていない話」と前置きした上で、
「長官はもちろん、司令官たちも出席する長官会談で起きたことだ」
と述べたが、発言者など詳細は明らかにしなかった。
 その上で鄭氏は、
「一般国民の対日感情が良くなく、独島(竹島)問題がいつも波風を立てているので、(大統領の指示で)提案したのだろうが、米側は非常に当惑していた
と説明。
「米国は当惑して、日本には知らせなかったのではないか。米国はその後、どのように韓国を見たか。(提案は)あまりにも偏っている」
と批判した。 

時事通信 7月2日(月)16時52分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120702-00000073-jij-int
画像 故・ノ・ムヒョン氏
http://2ch.site90.net/nom200.jpg
----------------------------------

この話は以前も出ていたし、韓国人どもを観ていると驚くようなことではない。
米国が、割と言うことを聞かせやすい日本を、表立って仮想敵国に「規定」するわけがない。
韓国人は反日で正常な判断が出来なくなることを、日本国民は理解しておかなければならない。

朝鮮民族は「嘘と誇張」の民族であり、特に今の韓国国民のほとんどが反日教育を受けて育ってきているので、絶対に信用してはいけない。

こんな敵対心バリバリの相手と軍事情報協定結ぼうとか民主党はほんと腐ってるな。
売国奴どもは氏ネバいいのに。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。