So-net無料ブログ作成
検索選択

韓国では“親日"という言葉は“売国奴"と同じ意味を表す…反日行動の韓流スターは少なくない [特定アジア(南北朝鮮+中国)]

韓国では“親日”という言葉は“売国奴”と同じ意味を表す

 李明博大統領による竹島上陸に続き、五輪サッカー選手の“プラカード事件”で、再燃している竹島問題。
韓国では竹島が反日、独立の象徴として近年ますますクローズアップされる機会が増えていると指摘するのは産経新聞ソウル駐在特別記者の黒田勝弘さんだ。

「韓国では、幼稚園のころから『独島は韓国の領土』という作文を書かせたり、お絵描きで竹島に韓国の旗を立てる絵を描かせたり。それはもうマインドコントロールに近い。メディアの論調も政策もすべてその方向に向いている」

 さらに韓国では、日韓戦争をテーマにしたシミュレーション小説が人気で、

「どの作品も、必ずといっていいほど、始まりは竹島を日本が奪いにくるところから始まるんです」(黒田さん)という。
日本人からすれば、日本が韓国と戦争するなんてあり得ないと思うのだが、韓国の人には日本との戦争が当たり前のように想定されている。
この意識のギャップの差に、愕然としてしまうのだ。

「サッカーの試合でもわかるように、韓国で世論調査をすると、若い人たちの反日意識もまだまだ強いんです。とくに若い男性はみんな徴兵に行って軍隊生活をする。そこでは愛国心と国防意識を徹底的にたたきこまれる。だから、今回のように竹島をめぐる衝突が起こると、韓国人は日本人と違って一団となって大きな声をあげるんです」
(コリア・レポート編集長の辺真一さん)

 なんという皮肉だろうか。
ファンは、韓流スターが徴兵に行くことにショックを受け、指折り数えてその帰りを心待ちにしている。
まさかその間、スターたちは軍隊教育でさらなる反日感情を醸成されていたなんて…、思っても見ない現実だった。

 だけど、考えてみれば、8月15日に竹島に泳いで渡るパフォーマンスをしたソン・イルグク(40才)のほかにも、「反日行動」を示していた韓流スターは少なくない。

 2008年には少女時代がコンサートのリハーサルで『独島はわが領土』を歌った映像がネットに流れて話題になった。

 2005年にはクォン・サンウ(36才)がミュージックビデオで“親日派”の人間を竹槍で殺し、日の丸を燃やすPVに出演した。

 同年、キム・テヒ(32才)は『独島はわが領土』と書かれたTシャツを着てイベントに出席している。
この年にはペ・ヨンジュン(39才)も韓国での記者会見で韓国の記者からの質問に、
「独島は韓国の領土」と答えた後、自分のHPに「国と国の線を引くのではなく、心と心をつなぐことが大事」と書いた。

 前出・黒田さんはこういう。

「韓国では“親日”という言葉は売国奴という言葉と同じ意味。だから韓国人は日本で活躍する韓流スターたちに“日本に魂まで売っていないだろうな”と確認するためにあえてそういう質問をぶつける。また、韓国内では反日発言をすれば人気が上がるので、韓国国内での人気を得ようと過激なパフォーマンスに走る芸能人もいるんです」

※女性セブン2012年9月6日号


ソース:NEWSポストセブン 2012.08.26 16:00
http://www.news-postseven.com/archives/20120826_139000.html
---------------------------------------

女性誌にこういうのが載るのはいいことですね。
韓国人は幼児のころから反日教育や反日雰囲気の中で育つので、もちろんほとんどが反日ですね。
しかし直接話すとほとんどの韓国人が隠すので騙されてはいけません。

まぁ反日でなくても朝鮮人は人格障害の割合が高く、精神文化も他人を貶めることによって自分を持ち上げると言うくだらなさなので、関わらない方がいいw


nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。