So-net無料ブログ作成

自殺の練習をさせられる。雀や蜂の死骸を食べさせられる。恐喝、暴行…中2男子飛び降り自殺で、生徒にアンケート-大津市 [ニュース]

アンケートは男子生徒の自殺後にいじめについて実施し、約320人が回答した。
15人の生徒は
「自殺の練習とか、トイレで殴られていたとか、死んだスズメを口の中に入れろと言われていた」
「何回も自殺の練習をさせられていた。先生に相談したけど何もしてくれなかった
などと回答。
「昼休みに毎日自殺の練習をさせられていた」
「がんの友達に自分の命をあげるなどと言っていたらしい」
との回答もあった。

 また、13人が
「友達なのにお金を恐喝されていた」
「脅して銀行の番号を聞き出し、その銀行からとったお金を使っていた」
と回答、15人が
「万引きを強要されていた」
と書いた。

 男子生徒は昨年10月11日朝、自宅マンション敷地内で倒れているのが発見され、滋賀県警大津署が自殺と断定した。
学校側は当初「いじめは把握していない」としていたが、全校生徒へのアンケートでいじめの事実が判明した。

 これまでに明らかになったのは、
ヘッドロックをかける
▽トレーニングと称して押さえ込む
▽毎日のようにズボンをずらす
▽蜂の死骸を食べさせようとする
-などで、
担任が目撃していたが、軽い注意にとどまっていた

ソース 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20120704k0000m040112000c2.html
----------------------------------

ニュースで教育委員会の奴が意味不明な言い訳していたのをみたが、教育委員会の奴っていつ見てもクソだな。
まともな奴はいないのか?
イジメと自殺にまったく関連が無いとは思えないだろ。
死ぬしかないくらい絶望の日々を送っていたと考えて普通じゃねえの?

まぁ、一番のクソは見て見ぬふりしていた担任どもだな。
イジメを知っていた教師すべてに責任があり、殺したも同然だ。

イジメをしていた子供たちの責任をまったく問えないようでは、日本の正義や道徳は守れないのではないか?
一生贖罪させろよ。

120704up9209.jpg


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

人権保護団体「不法滞在者でも、母国に帰れない特別な事情のある人もいる」 ~新しい在留管理制度、9日から [ニュース]

1952年から60年続いた「外国人登録制度」が9日、「新しい在留管理制度」に移行する。
正規滞在者の利便性は向上するが、不法滞在者には現在交付されている公的な身分証が与えられなくなる。
身分証を利用した就労や生活が事実上困難になるとみられ、人権保護団体から
「非正規(不法)滞在者でも、母国に帰れない特別な事情のある人もいる」
と人権の保障を求める声が上がっている。【伊藤一郎】

◇正規滞在者は住民登録/不法滞在者は身分証なし

現行制度では、国(法務省)が来日外国人の入国や在留期間更新の手続きを行う一方、地方自治体がオーバーステイなどの不法滞在者にも外国人登録証を交付し、登録に基づき予防接種や健康診断の案内などを送付してきた。
新制度ではこうした二元構造を一元化。
外国人登録証は廃止され、法務省が正規滞在者(観光目的の短期滞在者や外交官など一部を除く)だけに、新たな身分証として集積回路(IC)付きの「在留カード」を交付する。

正規滞在者は新しい在留管理制度と同時に始まる「外国人住民基本台帳制度」の適用を受け、日本人と同じように住民登録され、自治体から住民票の交付を受けられる。
在留期間も最長3年が5年に延び、いったん出国して1年以内に日本に戻る場合、あらかじめ必要な再入国許可を受けなくてもよくなる

一方、不法滞在者は外国人登録証を所持していても法務省に返還しなければならず、在留カードや住民票は交付されない。

◇新制度で自治体のサービス提供、対応は…

現在、地方自治体は人道的な見地から不法滞在者にも医療や教育などの行政サービスを提供している。
新制度では自治体が不法滞在者を把握できなくなり、サービス提供の対応が分かれそうだ。

国内の外国人を支援する3団体が今年1~3月、全国の主な自治体を対象に行った調査によると、
「(新制度での不法滞在者のように)住民登録がなくても、医療・福祉サービスを提供できるか」
との問いに対し、
母子手帳の交付は
「居住実態が確認できれば対応」が41、
「不可」が13
▽予防接種は
「居住実態が確認できれば対応」が12、
「不可」が32
--などと割れた。

また、不法滞在者の子供の就学受け入れは
「居住実態が確認できれば可能」が56、
「不可」が4。
一方で権利ばかりでなく、義務としての不法滞在者への課税についても
「居住実態が確認できれば課税」が54、
「課税しない」が13
と見解が分かれた。

自治体の対応のぶれに対し、日本で生活し続けていきたいと願う不法滞在状態の外国人は戸惑いを隠せない。
母国で迫害を受けて来日し、難民認定申請中というカメルーン国籍の男性(34)=埼玉県草加市=は
「結論がいつ出るかも分からない状態で身分証を失うのは不安。交際中の日本人女性と結婚したいが、婚姻届も受理してもらえないのだろうか。病院に行く時も何を提示したらいいか分からない」
と話した。(引用終了)

毎日新聞 2012年07月03日 11時29分
http://mainichi.jp/select/news/20120703k0000e040154000c.html
http://mainichi.jp/select/news/20120703k0000e040154000c2.html
http://mainichi.jp/select/news/20120703k0000e040154000c3.html
-----------------------------------

不法滞在者は発見したら、国外追放にしろ。
再入国許可は常に申請させるようにしろ、改悪するなよ。
人権団体とやらは不法滞在を助長させようとしているし、外国人に日本国の法律の順守義務を軽視させようとしているように思える。

不法滞在者は、日本国の法律を犯しており、犯罪の温床となりやすい。
そもそも、生活保護を申請するような日本で生活基盤を築けない外国人も、すぐさま国外追放にして欲しい。

外国人の保護はその祖国が担うべきで、一時的には保護すべき時もあるがすぐに移すべき。


「年収715万円の公務員でも、生活は楽じゃない」…"職員30人の親族が生活保護"の東大阪市役所 [ニュース]

・大阪府東大阪市の職員約30人の親族が生活保護を受給していたことが発覚し、問題は全国の他の自治体にも波及する恐れが出てきた。
 一概には言えないが、生きていけないという家族を誰が助けるべきなのか。
 お笑い芸人や公務員にとどまらず、受給者の親族に根本的な問いが突きつけられている。

 東大阪市によると、昨年4月現在、一般行政職員(平均42・8歳)の手当を除いた平均給料は約33万円。
大卒の採用10年では約27万円、同20年で約34万円。
これに時間外などの手当を含めると、10万円前後増えるという。
(世間の平均よりかなり多くもらっとるがな。)

 この収入で困窮する親族を扶養することは難しいのか。
市の関係者は一般論としたうえで、
「住宅ローンを抱え、子供が高校や大学に進学する時期だと生活は楽ではない」
と指摘。
(安い借家に住め。奨学金貰え。楽かどうかで無く、死ぬかどうかじゃねえ?)
 実際、市の生活保護担当者は
「改めて個々の事情を調査しなければ、必ず扶養できるとは言い難い」
と話す。
(いやいや公務員は金銭的には扶養出来る。贅沢したいだけ。)

 親族が公務員といってもさまざまなケースがある。
大阪市浪速区で生活保護を受給している男性(32)は
「両親は大阪府南部で公務員をしている」
と打ち明けた。
「30歳を過ぎた子供の支援はしない」
と言われ、ほぼ絶縁状態になっているからだ。
(そこで威張って対立するからだろ。負けを認めて実家に帰れ。)
 大手自動車メーカーの工場で派遣社員として働いていた男性は平成21年秋、
「大阪市内で仕事を見つけたい」
と実家を飛び出した。
(計画性皆無か?)
だが、仕事は見つからず、わずかな蓄えも底をつき、半年後には野宿生活を送るようになったという。
(クダラナイプライド守らずに実家に帰れ。)
 22年8月、完全に所持金が尽きた男性は生活保護を申請し、認められた。
福祉事務所からは親が公務員であることは特に問われず、毎月12万5千円を受給しているという。
(ちゃんと調べろよ。)
 男性は
「昨年、ホームヘルパー2級の資格を取り、求人があれば応募しているが、なかなか採用してくれない」
と話している。(抜粋)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120625-00000508-san-soci

・職員一人当たりに一年間に支払われた平均給与は約715万円だが、職員らは、親族が生活保護を申請した際、「扶養することはできない」と回答したという。(抜粋)
 http://news24.jp/nnn/news89038683.html
----------------------------------

保護しなければ死んでしまう奴だけにしろよ。
保護施設のようなものを作って全ての資産を処分した者だけ保護するようにすれば、職業訓練や就職活動やただ飯分の労働をさせることができて、不正な受給はほとんど無くなるだろ。
緊急の保護もやりやすいでしょ?

死ぬかどうかの瀬戸際で、プライドばかり気にする奴はどうでもいいだろ。


nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「朝鮮人殺害」を「虐殺」 横浜市教委、中学副読本を書き換え 事務局独断で [ニュース]

横浜市教育委員会が市立中学の生徒全員に配布している副読本『わかるヨコハマ』の今年度の改訂で、関東大震災直後の「朝鮮人虐殺」の記述が教育委員に報告せずに書き換えられていたことが分かった。
歴史認識に関わる改訂にもかかわらず、一部の事務局職員の判断で行われた。
今後も恣意(しい)的な“修正”が相次ぎかねず、文部科学省の検定を経ない副読本の課題が浮かび上がった。

『わかるヨコハマ』は中学生が市の歴史や文化、自然への理解を深められるよう、授業などで活用する副教材として平成21年に発行された。
毎年、最新のデータに更新した上で、1年生全員に配布される。
今年も今月2日、約2万7千人分が全149校に配られた。

修正が判明した部分は、関東大震災について記した項目「震災のようす」のうち、震災後の混乱で
「朝鮮人が井戸に毒を入れる、暴動を起こす」
というデマが流れ、朝鮮人が殺害されたと説明した部分。
(いや、デマじゃねえだろ。混乱に乗じて朝鮮人どもが暴れただろ。)

23年度までの旧版では
「自警団の中に朝鮮人を殺害する行為に走るものがいた」
としていたが、
改訂版では軍隊や警察も
「朝鮮人に対する迫害と虐殺を行い」
と、踏み込んだ表現に書き換えた。
(朝鮮人どもから女性と命を守るために対抗しただけだろ。中には間違えてやりすぎた事例も少数あったんだろーが。そして衝突を避けるために、軍と警察は朝鮮人を保護しただろ。)

在日本大韓民国民団の機関紙「民団新聞」が13日付で「虐殺の主体鮮明に」と報じて判明。
市教委によると昨年、旧版の記述について市立中の元社会科教諭から「誤った見解」と繰り返し修正を求められ、これを執筆者に伝えた。
(反日教師を懲戒免職にしろ。)
書き換えは監修する市教委事務局の社会科指導主事の判断で行われたという。
(こいつも免職にしろ。)

しかし、「朝鮮人虐殺」をめぐっては、殺害された朝鮮人の人数や軍、警察の関与に諸説がある。
神奈川県教委は昨年8月、県立高校教諭が「朝鮮人虐殺の現場」見学の校外学習を企画したことについて、
「多様な考え方がある中で、一方的な解釈は望ましくない」
として、校長に対し口頭で是正を指導した。
(朝鮮人の犯行現場も見学しろよ。)

著書「関東大震災『朝鮮人虐殺』の真実」で再検証したノンフィクション作家、工藤美代子氏は
「被害者の数が何千、何万と一人歩きする『南京大虐殺』と同じ構図が『朝鮮人虐殺』にもあり、教材で扱うには慎重さが求められる。不幸な事件だが、当時は朝鮮独立運動のテロがあった。今回の改訂版の記述は一方的な見方だ」
と指摘する。

議論のある部分にもかかわらず、市教委事務局担当者は管理職の決裁も得ていなかった
(こんな奴は免職にしろ。)
山田巧教育長は産経新聞の取材に
「歴史認識において、いくつかとらえ方のある部分の書き換えは慎重であるべきだ。(問題箇所は)量的にも分野的にも決裁をとるべき事案。中身についても、文脈や構成に誤解を招く部分があると思われるので精査する」
と、手続きの不備を認めた。

(おわり)

▼MSN産経ニュース [2012.6.25 00:49]
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120625/edc12062500520000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120625/edc12062500520000-n2.htm
----------------------------------

朝鮮人どもがあまりにも酷いので、自分たちで身を守るしかなかったんだろ。

だいたい何もしていないのにいきなり殺されるかよ。
朝鮮人どものそれまでの行動と、その時の行動がこういう結果になって現れただけだろ。


2chより↓

『震災の混乱に乗じ不良鮮人等動乱す 放火掠奪を恣にし或は婦女を陵辱殺害する等【司法当局発表】』 名古屋新聞 1923/10/21 〔1/7〕 ・愛知 【】
『公平の為 鮮人の犯罪を司法省で発表』 名古屋新聞 1923/10/23 〔〕 ・愛知 【】
『震災当時に於る不逞鮮人の暴行続々現はる/本所一帯襲撃の事実/犯人は労働者よりも学生が多い』 福岡日日 1923/10/23 〔1/2〕 東京・東京 【社会】
『大震災の混乱した中に凶暴を働いた朝鮮人の顛末/放火したもの爆弾を所持するもの??其他東京付近だけで数十件』 大阪毎日 1923/10/21 〔7/1〕 東京・東京 【社会】
『大金塊所持の怪鮮人(朝鮮人3名引致。震災避難民と称しているが厳重取調)』 大阪朝日 1923/10/29 京附 〔1/10〕 京都・京都 【犯罪】
『不逞鮮人暴虐/事件真相解禁/略奪殺傷放火の残虐を尽す(東京電話)』 芸備日日 1923/10/21 〔〕 ・東京 【警備】
『震災の混乱に乗じた鮮人の大暴行/江東で掠奪殺傷を恣にす』 福岡日日 1923/10/21 〔1/2〕 東京・東京 【社会】
『警察の堤灯つけて自動車の掠奪団/多数の鮮人が日本刀拳銃を持て』 福岡日日 1923/10/21 〔1/2〕 東京・東京 【社会】
『帝都を騒した不逞鮮人の暴状/強盗強姦放火殺人破壊爆発物毒薬其他廿八件/一般鮮人は温順』 福岡日日 1923/10/22 〔1/2〕 東京・東京 【社会】
『不逞鮮人凶行/恣に虐殺を逞ふす/殺到・強奪・輪姦・毒殺・発砲・刃傷・殴打』 門司新報 1923/10/22 〔1/3〕 ・東京 【社会】
関東一帯を騒がした鮮人暴動の正体はこれ : 放火殺人暴行掠奪につぎ橋梁破壊も企てた不逞団 : (記事差止め昨日解除)
(東京時事新報) 1923.10.22 (大正12)
読売新聞大正12年10月21日号にて「震災の混乱、人心恟々(恐々)たる隙に乗じて行った不平鮮人の悪事」「しかも、当局が新聞記事を差止めた為、
当時記載する事ができなかったが、事件は二十日ようやく報道の自由を得た」

s01.jpg


nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

北朝鮮の対日工作員?を逮捕 朝鮮総連機関紙編集長、現在は国立大博士課程在籍 [ニュース]

兵庫県の中小企業支援制度を悪用し、融資金約1000万円をだまし取ったとして、大阪府警外事課などは2012年6月21日、詐欺容疑で、同県尼崎市、運送会社「伍代物流サービス」社長、吉田誠一容疑者(41)ら2人を逮捕した。
吉田容疑者は元在日朝鮮人で、北朝鮮の工作機関からの指示を受け、工作員として脱北者らの情報などを収集していた疑いがあり、警察当局が慎重に捜査を進める。

吉田容疑者は昨年3月、北朝鮮の情報を取り扱う民間団体にスタッフとして潜入。
脱北者らの情報を得るのが目的とみられ、北朝鮮に詳しい情報筋によると、この民間団体の責任者を中国で拉致しようと企てた、との疑惑も浮上しているという。
北京や東南アジアにたびたび出国し北朝鮮の工作機関幹部と接触、指令を受けていた疑いがある。

府警は21日、吉田容疑者の自宅や同社のほか、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の幹部だった親族宅も捜索。
今後、押収品を分析し、詐欺容疑の裏付けを進めるとともに、吉田容疑者の活動実態の解明にも努める。

ほかに逮捕されたのは、大津市、職業不詳、奥田二三男(ふみお)容疑者(65)。
府警は奥田容疑者が詐欺の指南役だったとみて調べる。
逮捕容疑は、兵庫県が設けている中小企業支援のための資金貸付制度を悪用し、融資金を詐取したというもの。
伍代物流サービスがアスベストを除去する新規事業を行うと装い、粉塵(ふんじん)などを除去する装置を購入すると偽った見積書や融資の申請書を提出し、平成22年2月、融資金約1000万円をだまし取ったとしている。

警察当局などによると、吉田容疑者は朝鮮大学校を卒業後、朝鮮総連の機関紙「朝鮮新報」英語版編集長を務めた。
日本国籍を取得し、複数の有名私大大学院を経て現在は国立大の博士課程に在籍している。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120622/crm12062207040007-n1.htm
----------------------------------

朝鮮人と元朝鮮人は1年に1回査察しろよ。
そんで法を犯したらすぐ祖国に送り返せよ。

朝鮮かるた_き.jpg


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「日の丸は国旗として定着していない」 市議会での国旗掲揚中止求めて、市民団体が抗議活動-川崎 [ニュース]

川崎市議会での国旗掲揚を巡る問題で、市内外の市民団体が21日、同市役所(川崎区)前で、掲揚中止を求める抗議活動を行った。
会見した「平和と民主主義を守る川崎連絡会」の三嶋健弁護士は
「日の丸は国旗として定着していない。拙速な議論で非常に残念」
と訴えた。
(はぁ?、日本国内で日の丸は国旗として定着していますが? どこの国でのことを言っているのですか?w ていうか弁護士って一般市民の感覚が全く判っていない奴が多いな。)

 同市議会は全国の政令市で唯一、議場に国旗を掲揚していない。
(川崎は朝鮮人レベルの人間が議員になっているのですか?)
自民、公明、民主、みんなの4会派は、掲揚を求める決議文を現在開会中の6月定例議会に連名で提出しており、22日の本会議で可決される見込み。
(公的な機関は日の丸を掲揚して当然だろ。川崎市民はどうなっているんだ?)
【高橋直純】

毎日新聞 2012年06月22日 地方版 国旗掲揚:川崎市で市民団体、中止求め抗議活動 /神奈川
http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20120622ddlk14010286000c.html


nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

橋下市長、就任半年で45%の公約に道筋 改革を次々実行に移す政治手法が浮き彫りに [ニュース]

大阪市の橋下徹市長が19日で就任半年を迎えるのに合わせ、毎日新聞は市長選(昨年11月)で掲げたマニフェスト(公約)の進ちょく状況を調べた。
具体的な政策として掲げた計62項目のうち、予算案や条例案を議会で可決するなど「達成」したのは15項目(24%)
具体的な方向性が定まり、市で政策決定するなど「実現の見通し」が立ったのは13項目(21%)
両者を合わせると計28項目で全体の45%に道筋を付けた形だ。
大阪府知事時代と比べても進ちょくは速い。
スピード感を重視し、公約に沿って改革を次々実行に移す橋下市長の政治手法が浮き彫りになった。

 62項目は、市長選マニフェストの「各論」(政策編)から具体的な記述のあるものを抽出した。
市の担当部局に取材するなどして、毎日新聞が独自に達成度を判定した。
現時点で、検討に「未着手」は11項目(18%)。
検討を始めたものの、具体的な方向性が定まっていない「検討中」は23項目(37%)だった。

 市議会(定数86)では、市長が率いる大阪維新の会(33人)は過半数に達しておらず、公明(19人)との協力が政策実現の鍵になっている。

▽毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20120619k0000m010136000c.html
----------------------------------

大阪維新の会は過半数に達していないのに頑張っているな。
何しろ選挙の時は、ほとんどの既存政党が敵対したからなぁ。

しょせん市長に許された権限しかないので、市議会で可決できなければ何もできず、市民の後押しを受けて、無条件反対する既得権益を守る奴やクソサヨクを怯ませるしか仕事できないからねぇ。
大阪市民ではないが、とにかく頑張れ。

レッテル貼りしかできない前市長はアカでも煎じて飲めよw


タグ:橋下市長
nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

橋下市長を独裁批判をする人は「独裁」を正しく理解しているか疑問…東工大大学院教授 [ニュース]

 菅直人前首相は5月下旬の講演で、橋下徹氏の人気について「一過性なのではないか」と語った。
まさに“あなたに言われたくない”というところだが、それとは裏腹に、橋下氏への期待は日に日に高まりつつあるように見える。
その一方で、橋下氏を批判する議論も、盛り上がっている。
橋爪大三郎・東工大大学院教授が分析する。
 * * *
 橋下氏を批判する議論が盛り上がっている。
その典型が、「独裁批判」だろう。
でも批判する人びとが、「独裁」という言葉を正しく理解して、批判しているかどうかは、はなはだ疑問だ。
独裁とは、絶対的な権力者が、独占的に法律の制定権を掌握することをいう。

 アドルフ・ヒトラーが独裁者になったのは、ワイマール共和国の議会が、全権委任法といって、議会の権限を無期限でヒトラーに委任するという議決をしたから。
地方自治体は法律の制定権がないし、明確な憲法違反だから、どう転んでも「独裁者」が生まれる気づかいはない。

 国政では、一人の権力者が独占的に法律の制定権を手にしてしまう可能性がある。
国民が愚かで、権力者に絶大な人気があった場合は、議会が法律の制定権をその権力者に渡してしまえば、可能となる。

 橋下氏が仮に国政に打って出て、絶大な人気を得たとしても、独裁者のようになる可能性はないだろう。
なぜなら彼は、弁護士だからだ。

 弁護士は、「ひとの話を聞き」、「ひとの利益を考え」、それを実行するための「法律的手段を考える」のが仕事で、橋下氏もそれをやってきた。
議論をせず独断で法律を定めていくのが独裁だが、ひとの話を聞くのが仕事の弁護士は、いちばんそうした独裁者になりにくい。

 彼はよく、論争相手に怒ってみせるが、それは選挙民に向けられたものではない。
「独裁者」は、選挙民に対して怒るもの。
この点からも、彼は独裁者とは正反対の体質を持っている。

 論争相手に怒ってみせたり、時に発言が乱暴になったりする理由は、その相手が「沈没感」を共有しておらず、危機感なく悠長に見えるからではないか。

 ギリシャの例で考えてみよう。
ギリシャでは、まだ大勢が、緊縮財政に反発している。
危機感を持って、財政再建を進める立場のリーダーからしてみれば、
「この期に及んで何を考えているんだ。改革が必要なのは明らかだ。実態を見ろ!」
と怒鳴りたくもなる。

 橋下氏は、それと同じように、強い危機感を持っている。
だから実態をわかっていない評論家がああだこうだと言ってきたら、「実態を見ろ」と強く言いたくもなる。
彼の激しい口調は、危機感のあらわれだと言えるだろう。

-おわり-

▽NEWSポストセブン
http://www.news-postseven.com/archives/20120617_118171.html
-----------------------------------

個々の内容は微妙に感じるが、「独裁者」とかいう批判は的外れなのは同意。
「ヒトラー」とか「ハシズム」とか、ウスラサヨクのおバカがやっているんだろw
橋下市長の権限なんて大阪市長の権限しかないだろw
厭なら次の選挙で落とせばいいだけ。

レッテル貼りしていい気になってる知識人風なやつや学者は、それだけでカスだと判るw

それにしても日本人に被害を与えるイラ菅は寝言を言ってないでとっとと切腹しろ。


nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

【メモ】東日本大震災で国民見捨て放射能怖さに逃げた小沢一郎元代表!和子夫人が「離婚しました」と手紙 「隠し子」も綴る [ニュース]

★小沢一郎夫人が支援者に「離婚しました」
「愛人」「隠し子」も綴られた便箋11枚の衝撃

 民主党の小沢一郎元代表(70)の和子夫人(67)が、昨年11月に地元・岩手県の複数の支援者に、「離婚しました」という内容を綴った手紙を送っていたことがわかった。

 便箋11枚にも及ぶ長い手紙の中で、和子夫人は、昨年3月の東日本大震災後の小沢元代表の言動について触れ、
「このような未曾有の大災害にあって本来、政治家が真っ先に立ち上がらなければならない筈ですが、実は小沢は放射能が怖くて秘書と一緒に逃げだしました。岩手で長年お世話になった方々が一番苦しい時に見捨てて逃げだした小沢を見て、岩手や日本の為になる人間ではないとわかり離婚いたしました」
と書いている。

 手紙では、小沢元代表の愛人や隠し子の存在についても触れている。
8年前に隠し子の存在がわかったとき、小沢元代表は和子夫人に謝るどころか、
「いつでも離婚してやる」
と言い放ち、和子夫人は一時は自殺まで考えたとも記している。
 そして、このように綴っている。
「それでも離婚しなかったのは、小沢が政治家としていざという時には、郷里と日本の為に役立つかもしれないのに、私が水を差すようなことをしていいのかという思いがあり、私自身が我慢すればと、ずっと耐えてきました。
 ところが3月11日、大震災の後、小沢の行動を見て岩手、国の為になるどころか害になることがはっきりわかりました」
「国民の生命を守る筈の国会議員が国民を見捨てて放射能怖さに逃げるというのです。何十年もお世話になっている地元を見捨てて逃げるというのです」

 こうした大震災後の小沢元代表の言動がきっかけとなり、和子夫人は昨年7月に家を出て別居を始めたという。
その後も現在まで別居は続いているが、小沢事務所は「離婚の事実はない」としている。

 和子夫人はこうも綴っている。
「かつてない国難の中で放射能が怖いと逃げたあげく、お世話になった方々のご不幸を悼む気も、郷土の復興を手助けする気もなく自分の保身の為に国政を動かそうとするこんな男を国政に送る手伝いをしてきたことを深く恥じています」

 現在、消費税増税法案の採決をめぐって、小沢元代表は造反をちらつかせて野田政権を揺さぶっているが、和子夫人の手紙はそうした政治情勢にも大きな影響を与えそうだ。
(以上)


「週刊文春」編集部
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1442
http://shukan.bunshun.jp/mwimgs/d/f/-/img_dfd76daaf2a4593b96fd28e6b6701f5273010.jpg
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/publishing/
----------------------------------

小沢が逃げ出したってのは当時言われていたな。
まぁ、どう見ても責任感や、人に対する愛情は無いようにしか見えないよねw


nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

大阪市の入れ墨検査に疑問呈した毎日新聞記者、自身の入社時にタトゥーを消すよう指導受けていた [ニュース]

橋下徹・大阪市長が旗を振る「入れ墨検査」で揺れる大阪市に、意外なところから「ちょっと待て」の声がかかった。

〈大阪市で行われた全職員を対象としたタトゥー(入れ墨)調査を、私は疑問に感じている。〉

 こう書いたのは、毎日新聞の杣谷健太記者。
5月31日付の茨城版コラム「がんばっペン」で、「多様性こそ社会」と題し、
「タトゥーは少数派で嫌悪感を抱く人がいることはわかるが、レッテルを貼って管理する必要があるのか」
などと疑義を呈している。
 だが、内容より話題となったのは次の一節だった。

〈私は米国留学中にタトゥーを入れた。もちろん今も体にある。(中略)タトゥーを彫ったことを後悔したことはない。〉

 まさかのカミングアウト。
いったいこの杣谷記者はどういう人物なのか。
「物腰柔らかだけど風貌は一風変わっていて、ソバージュのかかった長髪に口ヒゲ、ノーネクタイでスーツのズボンを腰パン状態ではいている。原発問題に関する記事を熱心に書いていた」(地元記者)
(変態新聞社にふさわしいヒッピーかぶれの社員ですか?w)
 評判を聞くに、なかなか硬骨漢のよう。
(硬骨漢=意志が強く、権力に屈せず、容易に自分の主義・主張を曲げない男。w)
ここは改めて「橋下批判」をぶってもらおうと本人を直撃したのだが……。
「私が会社の人間じゃなければお話しさせてもらいたいとは思うのですが……、今回は東京本社に聞いてもらえますか」

――答えられない?

「会社員なので……」
 と、拍子抜けのお返事。
(硬骨漢? ださっw)
この理由を前出の地元記者が推測する。
「茨城ではそこまで話題にならなかったが、東京の記者仲間から問い合わせが殺到し、大騒ぎになってしまったようだ。地方版の記事は、基本的には支局のデスクに任されている。本社からかなり絞られたんじゃないでしょうか」

毎日新聞社東京本社はこう説明する。
「執筆した記者のタトゥーについては入社前の健康診断で判明し、入社までに消すことを指導しました。本人もそれを了承し、通院し、消す治療を受けましたが、完全に消すことができないまま入社しました。入社後は、人目に触れないようにしていました。毎日新聞社は、社員に社会人としてふさわしい行動を求めており、今回の記事が掲載された経緯などについて調査しています」(社長室広報担当)
(消す治療>ホントかなぁw)
 ところで杣谷記者のタトゥーはどのような柄だったのか。
見せてくれるよう本人にお願いしてみたが、「それは難しいですね」と、こちらもやんわりと拒否された。(終)
(後悔してないのなら自慢げに見せてみたら~w)

※週刊ポスト2012年6月22日号
http://www.news-postseven.com/archives/20120612_116636.html
----------------------------------

この変態新聞(=毎日新聞)社の記者は、橋下市長を批判するふりをして、入れ墨禁止の自分の会社&社長を批判してたんじゃないか?w

毎日新聞みたいな犯罪集団に情報流すようなクソ会社でも入れ墨禁止なんだろ?
公務員が入れ墨禁止なんて当然だろw


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。