So-net無料ブログ作成

パチンコ店放火で5人殺した男&弁護側、「統合失調症で心神喪失だったから無罪」主張へ [ニュース]

★パチンコ店放火殺人、無罪主張へ=5人死亡、「心神喪失」―大阪

・大阪市此花区で昨年7月、パチンコ店に放火し客ら5人を死亡させたとして殺人罪などに問われた無職高見素直被告(42)の弁護側が「事件当時、心神喪失状態で刑事責任能力はなかった」と、裁判員裁判で無罪を主張する方針であることが28日、分かった。
(殺人を犯すときは、大体が平常時の精神状態ではないんじゃないの? ) 
弁護人は同日までに、大阪地裁での公判前整理手続きで精神鑑定を請求した。
(今はその時じゃないし、意味ねー。)

 大阪地検は、明確な動機や事件に至る経緯に不明な点があるとして、約4カ月間、精神鑑定のため高見被告を鑑定留置。
(複数人を殺傷したヤツの動機なんか知ってなんか意味あるんだろうか? 人間の心のうちなんか正確に知りようが無いだろ。ただ納得したいだけか?)
統合失調症と診断されたが、責任能力はあると判断し、起訴した。

 一方、弁護側は起訴後、医師などに意見を聞き、「統合失調症の影響で、犯行当時は妄想に支配され、善悪を区別し行動を制御する能力が失われていた可能性がある」と判断した。
(もし何人も殺して無罪になったりするような世の中なら改善しなければならない。完璧に危険性が無くなったと判断できるまで社会に出さないシステムを作って欲しい。)

 起訴状によると、高見被告は昨年7月5日、此花区のパチンコ店「cross―ニコニコ」に侵入。
 ガソリンをまいて火を付け、5人を殺害し10人を負傷させたとされる。
 被害者の数などから、検察側が高見被告に死刑を求刑する可能性がある。
 公判期日は未定。 

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101028-00000042-jij-soci
----------------------------------

実際、心神喪失の状態ではやってはいけないことの判断がつかないので、非常に計画的に犯行に及んだ人間と一緒の刑罰(考え方?)というわけにはいかないだろう。
しかし、犯罪を犯したのは事実としてあるわけだしその行動に対しての処罰は必要だと私は考える。

いくらなんでも無罪はおかし過ぎる。
殺された人の生きる権利や、その関係者の気持ちや利害関係はどうなるんだ?

殺人を犯したヤツの心神喪失の認定は非常に少ないようだが……。
この何でもかんでも心神喪失を主張すればいいという状態は微妙過ぎる。

そもそも精神科医の診断が信用できない。
サイコな事件で、犯人が捕まる前にマスコミでコメントした精神科医の殆どが当たって無いだろ?
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 1

hachikin45

Danbosanさん>どもども、ノシ
by hachikin45 (2010-10-30 21:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。