So-net無料ブログ作成

「児童の親がクレーム連発、不眠症に」 女性教諭、児童の親を提訴。「モンスターペアレンツに負けない」…さいたま地裁 [ニュース]

・埼玉県の市立小学校に勤務する女性教諭が、再三クレームを受けて不眠症に陥ったとして、担任する学級の女子児童の両親を提訴していたことがわかった。
慰謝料500万円を求め、さいたま地裁熊谷支部で係争中だ。
文部科学省によると、「保護者が学校を訴える例はあるが、逆のケースは聞いたことがない」という。

 提訴したのは昨年9月。
訴状などによると、教諭は1991年に教員になり、昨年4月からこの女児の学級を担任。
同年6月、女児と他の女子児童とのいさかいを仲裁した際、母親から電話で「相手が悪いのに娘に謝らせようとした」と非難された。
 これを皮切りに、同月末から7月中旬にかけて、児童の近況を伝える連絡帳に母親から「先生が自分の感情で不公平なことをして子どもを傷つけています」などと8度書き込まれた。

 さらに、父親や母親から文科省や市教育委員会に対し、口頭や文書で批判されたほか、女児の背中に触れただけで警察に暴行容疑で被害を訴えられたという
 こうした一連の行為により教諭は不眠症に陥り、「教員生活の継続に重大な支障を生じさせられた」と主張している。
教諭ら学校側と両親が話し合う場も設定されたが、両親が拒否したという

 小学校側は提訴の翌月、市教委に対し、「モンスターペアレンツに学校や教師が負けないようにし、教諭が教員を代表して訴訟を行っていると受け止めている」という校長名の文書を提出している
 http://www.asahi.com/edu/news/TKY201101170419.html
--------------------------------------

この記事だけでははっきりしないが、この両親はモンスターペアレンツだと推察する。

・校長が支援している
・話し合いを両親が拒否している

この教師がこの児童だけに冷たかった可能性は0%ではないが、学校側が児童の家族を訴えるなどはかなりのプレッシャーがあるだろう。
負ければかなりの非難を浴びそうだが、校長は支援しているようだ。

教師といえば日教組の教師などは嫌いだが、反撃してこないと思ってしつこく攻撃するようなモンスターペアレンツなども嫌いだ。

この両親がモンスターペアレンツなら教師が勝ってほしい。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 1

hachikin45

motoさん>どもども、ノシ
by hachikin45 (2011-01-19 23:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。